土曜日, 7月 20, 2024
ホームイベントHISとコラボして仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求

HISとコラボして仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求

170名以上が参加したオンラインセミナー開催

コンテチーズ生産者協会(CIGC:フランス、ポリニー市)は、日本でのプロモーション活動の一環として、旅行代理店、HISパリ支店とコラボし、去る9月17日に「パリからチーズセミナー 季節違いのコンテを味わう!」と題したオンラインセミナーを開催し、170名以上が参加しました。

HISとコラボして仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求のサブ画像1

「コンテ」は、フランスを代表する熟成ハードチーズ。添加物を一切使わない伝統的なチーズで、作られた季節や熟成期間などによって、ひとつひとつ異なる複雑で限りなく豊かな風味を持つのが特長です。
 

HISとコラボして仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求のサブ画像2

講師はパリのチーズ専門店、「フロマジェリー ヒサダ」の店主でチーズ熟成士の久田惠理氏。コンテの多様性を訴求するため、初の試みとして春夏秋冬、4つの異なる季節に作られたコンテと、同郷のジュラワインをパリの同店より事前に参加者に送付し、当日、同店と中継で繋いでコンテの魅力をアピールしました。

まず久田氏が季節ごとのコンテの生産地の写真や市場での自身のコンテの仕入れの様子などを見せながら概要を説明し、フランスでの認知度の高さについて、フランス人から「コンテを知らない人は林檎を知らない」と言われたエピソードを語りました。
 

HISとコラボして仏産チーズ「コンテ」の多様性を訴求のサブ画像3

次にそれぞれ個性の異なる4種のコンテの比較テイスティングを行うにあたり下記ポイントを伝授しました。
①    常温に戻す
②    約1㎝のスティック状にカット
③    両端を手に取って2つに割り、断面のフレッシュな香りを嗅いでから口に入れる
④    皮は通常は食べない

1.   冬作りのコンテ(2021年1月製造、8か月熟成)
牛が干し草を食べている冬の間に作られたコンテはアイボリー色。若いコンテは弾力があってミルクなど乳製品系の風味があり、飽きのこない味。

2. 秋作りのコンテ(2020年10月製造、11か月熟成)
よりまろやかで甘く、ナッティで濃厚な風味。草の香りも感じられる。食感もよりなめらか。

3. 春作りのコンテ(2020年5月製造、16か月熟成)
牛がフレッシュな草花を食べている時期に作ったコンテは、カロテンの影響で黄色味を帯びている。より凝縮したミルクの風味でアミノ酸の結晶のジャリジャリ感も感じられる。

4. 夏作りのコンテ(2019年9月製造、24か月熟成)
華やかで複雑、濃厚な風味。香ばしいロースト系やスモーク系のグリルしたナッツの風味も出てきて、アミノ酸の結晶がより顕著に感じられ、余韻も長い。

さらにコンテに合う飲み物として、今回希望者に同梱した同郷のジュラワインの他、日本酒ウィスキー、香ばしいそば茶コーヒーダージリンの紅茶が紹介されました。

また久田氏はコンテは和の食材とも合うとして、角切りにしておにぎりに混ぜたり、薄くスライスして卵おじやに入れたり、おつまみとしてスティック状にカットして蜂蜜と胡麻を塗したり、海苔を巻くなど様々な食べ方を提案しました。

最後に久田氏は下記のように述べて会を締めくくりました。「季節が違えば味が変わるし、同じ日に同じ場所で作られたとしても、コンテは一玉一玉味が違います。ですので、一期一会を大事に、その場でしか味わえないコンテとの出会いを楽しんでください。

 コンテチーズ生産者協会は、より多くの皆さんにコンテの美味しさや多様性を知っていただくため、今後も様々な活動を行っていきます。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
コンテチーズ生産者協会 日本連絡事務所株式会社 
旭エージェンシー内 E-Mail:info@comte.jp
https://www.comte.jp
https://www.facebook.com/comte.jp
https://www.instagram.com/comte.jp
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments