火曜日, 11月 29, 2022
ホーム商品サービスコロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開

コムデザインラボが企画する、オーナーインタビュー新シリーズいちご農家編追加公開へ

コムデザインラボではこれまで、6人のオーナーインタビューを公開している。コロナ禍を経て2年ぶりの追加公開へ。第7弾は、愛知県大府市にある「大府南いちごファーム」にて農家の大嶋さんにインタビュー
「大府南いちごファーム編」https://design-kom.com/owner/vol07.1.html

 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像1

■オーナーインタビューとは

コムデザインラボが、ブランディング・デザインをお手伝いしたオーナーさんに、独立した頃の話や現在、未来について聞くインタビュー。これから独立・開業、リブランディングを考えている方の、参考になりそうなオーナーさんに、お声がけをして、経営者の表には語られていないストーリーを記事にしたもの。第7弾「大府南いちごファーム編」全5話を、2022年5月9日より、毎週月曜日に1話ずつ公開し、6月6日に全話公開しました。
前回は、コロナ前の長野シリーズ「パティスリーニューモラス編」https://design-kom.com/owner/vol05.1.html、「あづみのるベーカリー編」https://design-kom.com/owner/vol06.1.htmlから、コロナ禍を経て、約2年ぶりの公開。

■第7弾のオーナーは、話題の農家「大府南いちごファーム」の大嶋さん

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像2

オーナー夫妻  大嶋 厚徳さん・優子さん
厚徳さんが40才のときに「何か起業したい」という思いで脱サラし、就農研修、大手いちご狩り園での修業を経て、2012年に「大府南いちごファーム」を開業。
厚徳さんが主に栽培を、優子さんはいちご狩りの接客のほか、ファームオリジナルのゼリー作りも担当。2021年にリブランディングを開始し、いちごバターの商品開発『わたしのいちごバター』の発売。クラウドファンディングの挑戦と成功。
高級いちご「舞苺」(まいいちご)発売への挑戦などについて、語られました。

 

■大府南いちごファームはこんなところ

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像3

大嶋さんが手がける『大府南いちごファーム』は、目先の利益よりも"自分たちが食べたいと思うもの"を自信をもって提供したいという気持ちで2012年、愛知県大府市でいちご狩りの農園として営業をスタート。

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像4

開業から8年経った2021年よりリブランディングを開始し、『おもてなしのいちご園』のコンセプトの元、新たな挑戦として自社商品の開発に着手。 いちご狩りだけではなく、お持ち帰りいただく商品を作りたいという思いから、手塩にかけて育てた農園のいちごをご自宅でも楽しんでもらえる商品として、いちごの爽やかな甘みと、バターのコクを堪能できる「わたしのいちごバター」や、いちごを使ったシュワっと楽しい「いちご炭酸ゼリー」など6次産業化にも積極的で、注目を浴びているいちご園です。
 

■いちご農家が納得のいくまでこだわった、いちごバターで、クラウドファンディングにも挑戦!

 

 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像5_クラウドファンディングMakuakeクラウドファンディングMakuake

テスト販売としてクラウドファンディングMakuakeで2021年5月から販売を開始。
32日間で目標を大幅に超える1169%まで到達し、のべ990人に応援購入いただいた注目の商品です。 農園での手作りのため、生産が出来る範囲での限定販売。TBS「王様のブランチ」でも特集されたこともあり、正式発売後も再販の度に、即完売を繰り返しています。
また、高級いちご「舞苺」(まいいちご)も来季期待の商品です。
わたしのいちご商品ページ 
https://watashino-ichigo.com/
 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像6_わたしのいちごわたしのいちご

 

 

オンラインショップ
https://watashino15.base.shop

■オーナーインタビュー第7弾の見どころ

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像7_インタビューの様子インタビューの様子

 

#1・2では、お客さまの事を、とことん考えて作られた『おもてなしのいちご園』ができるまでの、大嶋さんの努力や、工夫がたくさん語られています。その中でも、いちご狩りをするお客さまの、特別感を上げる工夫や、1人でもグループでも楽しめるように、お客さまのプライベート感を大切にする思いには、大嶋さんの『おもてなし』に対する精神を感じます。

 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像8_いちごバターいちごバター

#3からは、農家さんが挑戦する、商品開発(ブランディング)についてが語られています。人気商品「わたしのいちごバター」の商品ができるまでの秘話や、商品化するだけではなく、ブランディングを通して、『納得いく商品をつくる』というキーワードへの思いも語られ、#4の、クラウドファンディングへの挑戦、成功と失敗へ続きます。クラウドファンディングの大成功と、生きてるいちごを扱う大変さ、更なる挑戦の話が語られています。

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像9

#5では、商品ブランディングを通じて、いちご農園全体のブランディング、リニューアルへの道。いいものを作り上げる職人(農家さん)と、それを伝えるお手伝いをする、"デザイン・ブランディング" の大切さや、思いが語られています。また、来季に期待大の『舞苺』(まいいちご)についても、語られています。
オーナーインタビュー第7弾「大府南いちごファーム編」
https://design-kom.com/owner/vol07.1.html

■オーナーインタビュー・ブランディングを手がけた株式会社コムデザインラボはこんな会社

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像10

株式会社コムデザインラボは名古屋と新潟に拠点を構える10名のブランディング・デザインの会社です。
店舗・中小企業のブランディングを軸として、空間の設計デザインからロゴマークやキャラクター・印刷物やホームページなどの広告まで、全てを自社完結でトータルデザインする”合わせ技一本のデザイン”により『唯一無二の世界観』を実現させ、全国には40業種以上のクライアントがいます。ミッションに"ブランドデザインで、出会ったオーナーの『モッタイナイ』をなくすこと"を掲げ、2018年度ブランディング事例コンテスト優秀賞・2019年度同コンテスト地方創生審査員特別賞など受賞歴豊富な企業です。

 

今回、オーナーインタビューを実施した「大府南いちごファーム」では、ロゴデザイン、パッケージデザイン、商品ブランディング、空間ブランディング、webデザインを担当しました。 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像11

デザイン実績はこちら
https://design-kom.com/design/l145obuminami/
 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像12

《農園情報》
大府南いちごファーム
所在地 〒474-0045 愛知県大府市馬池町一丁目110
TEL 0562-46-5668
https://obu-south-ichigo.com/
商品特設ページ
https://watashino-ichigo.com/

 

コロナ禍を経て、約2年ぶりのオーナーインタビュー再開へ!話題のいちご農家「大府南いちごファーム」の農業と商品ブランディング成功への秘話を公開のサブ画像13

《会社概要・お問い合わせ》
株式会社コムデザインラボ 名古屋オフィス
所在地 〒451-0052 愛知県名古屋市⻄区栄生2-13-23
NKビル栄生1F
TEL 052-253-9571
FAX 052-253-9572
https://design-kom.com/

 

 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments