水曜日, 6月 19, 2024
ホーム商品サービス魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施

-新たに、株式会社アカツキ、株式会社セゾン・ベンチャーズ、エンジェル投資家:海野慧氏らの出資を受け入れ

食の三方よし「作り手、使い手、社会を豊かにすること」を目指す株式会社ベンナーズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井口剛志)は、株式会社アカツキ、株式会社セゾン・ベンチャーズ、エンジェル投資家:海野慧 氏を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額3200万円の資金調達を 2022年1月14日に完了したので、お知らせいたします。

今後、魚のフードロス削減を目的としたお魚サブスク「Fishlle!(以下:フィシュル)」のサービス認知の拡大のためのマーケティング投資と採用と組織拡大を図って参ります。

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施のサブ画像1_      左:代表取締役社長 井口剛志 右:取締役 長谷川ルーク      左:代表取締役社長 井口剛志 右:取締役 長谷川ルーク

  • 調達の背景と目的

お魚サブスク「フィシュル」は魚のフードロス削減を目的に2021年3月よりECサイトにて販売を開始し、サービスリリース時からPRに注力した結果、継続的に地元福岡県のテレビ局中心にメディア露出を獲得しました。それにより、メディアからのオーガニック流入のみで現状のお客様を築き上げて参りました。今回の資金調達により、これまで同様PR部分に力を入れながらも、更にサービス自体の認知・拡大を推し進めるために主にデジタルマーケティングチャネルの確立を目指していきます。

  • 調達資金の使途

①お魚サブスク「フィシュル」のデジタルマーケティングチャネルの確立とPR強化
②ユーザビリティ向上のための商品ラインナップの拡充とカスタマーサポート体制強化
③シリーズAに向けての人材採用強化

  • お魚サブスク「フィシュル」とは

株式会社ベンナーズは、魚のフードロスを減らすことにより“日本における水産業の発展”と“作り手、使い手、社会を豊かにすること”を目的にお魚のサブスクリプションサービスを2021年3月よりECサイトにて販売をスタートしました。

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施のサブ画像2

昨今、ライフスタイルの変動などにより食に対する消費者ニーズが多様化しています。更にコロナウィルスの影響から人々の生活・行動様式についても変化しており、外食と内食の垣根がなくなっていくと予想されています。新たな生活様式に対応したお魚ミールパックを普及させることにより衰退の一途をたどる日本の魚食文化の再建を目指しながら、味には関係の無い理由で規格外とされる「未利用魚」を積極的に利用することで、魚のフードロス削減と漁業者の収入の底上げを図り、「SDGs12条」「SDGs14条」への貢献を目指しています。

※SDGs12条:
   つくる責任 つかう責任 持続可能な方法で生産し、責任を持って消費する
※SDGs14条:
    海の豊かさを守ろう 持続可能な社会のために、
    海と海の資源を守る 海と海の資源を持続可能な方法で利用する

※未利用魚: 十分な水揚げ量が無かったり、形が悪かったり傷がついていたり等の理由で価値が付かず、流通される前段階で通常の流通に乗らなくなってしまった魚のこと。総水揚げ量の約30~40%が未利用魚とされています。

私達は食の三方良し実現し、未利用魚を含めた全ての魚を大切にしていくと共に、フィシュルに関わってくださっているサポーター、企業様、生産者さん達をパートナーだと考え、日々、サービスの向上に努めています。
■フィシュル公式サイト:https://fishlle.com
 

  • 投資家コメント

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施のサブ画像3

株式会社アカツキ 執行役員
Heart Driven Fund パートナー 石倉壱彦 氏

代表の井口さんとは、去年9月のFGNスタートアップカンファレンスで初めてお会いし、漁業が直面する問題に真正面から向き合う姿に感銘を受け、今回出資させていただきました。未利用魚×D2Cの「Fishlle!」を通じて、通常であれば廃棄されてしまう美味しく品質の高い未利用魚を多くに人に届け、日本の魚のフードロス問題を解決するパイオニアとなることを確信しています。日本の魚食文化の再建に伴走させていただき、持続可能な未来の実現に貢献していきたいです。
 

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施のサブ画像4

株式会社セゾン・ベンチャーズ
代表取締役社長CEO 足利駿二 氏

廃棄される未利用魚にフォーカスしたフードロス削減、SDGsに貢献するサービス、そして井口さんの想いに共感し応援させていただくことにしました。「フィシュル」の認知拡大や、水産業界の複雑な流通構造の整理にも、当社として決済領域で微力ながらサポート出来ればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。今後の成長を期待しております!

 

魚のフードロス削減を目指す株式会社ベンナーズがお魚サブスク「フィシュル」で総額3200万円の資金調達を実施のサブ画像5

エンジェル投資家 海野慧 氏
私たちが日常的に親しむ鮪や鰻が絶滅危惧種であることをどれだけの人々が認識出来ているでしょうか。海洋資源を持続可能なものとし、適切な循環の中で次の世代へと引き継いでいくことは地球単位の大きなミッションだと考えています。ベンナーズはまさにその課題を真正面から捉え、解決していくスタートアップであり、ここからご一緒に取り組んで参れることを大変嬉しく思っております。

■報道関係者お問い合わせ先
株式会社ベンナーズ 長谷川
メールアドレス:l-hasegawa@benners.co.jp
電話番号:092-692-2033

■株式会社ベンナーズ 企業概要
社名:株式会社ベンナーズ
所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号203号室
代表者:井口 剛志
事業内容:お魚サブスク「フィシュル」、魚のフードロス削減のためのプラットフォーム事業、卸売業
代表者電話番号:092-692-2033
メールアドレス:info@benners.co.jp  
URL: https://www.benners.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments