土曜日, 5月 18, 2024
ホーム商品サービス宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開

宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開

ピーマン自動収穫ロボットに続く製品として、現在開発中のきゅうり収穫ロボットの一部をスマート農業実証プロジェクトで公開しました。

農業ロボット開発のAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 代表取締役:齋藤潤一、以下 アグリスト)は、人口1万7000人の小さな町宮崎県新富町からきゅうりの自動収穫ロボットを開発し、2023年秋頃の販売を予定しています。この小さな町から新しいイノベーションを生み出し、人手不足で困っている農家の課題を解決します。

 

【開発の背景】

宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開のサブ画像1

スマート農業実証プロジェクトを行っているきゅうり収穫ロボットは、地元きゅうり農家の声から生まれました。きゅうりの収穫量は、宮崎県が日本1位の実績※を誇っています。ピーマン同様、「収穫」の人手不足が叫ばれており、その課題解決が求められています。アグリストはピーマン収穫ロボットの開発で得た知見を活かして、きゅうりの収穫ロボットの開発にも取り組んでいます。(※参照元:https://www.yasainavi.com/graph/category/ca=3

【今後の展開】

宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開のサブ画像2

きゅうり収穫ロボットの販売は2023年秋を予定しております。現在アグリストは、きゅうり収穫ロボットの技術検証や農家目線からの助言において、きゅうり収穫ロボットの開発に協力してくださる農家の方を募集しております。新規できゅうり農家を始めようと思われている方や、ロボットに関して詳細を知りたい方は、下記のURLからお問合せください。
(きゅうり収穫ロボットのお問合せ先 URL:https://agrist.com/contact/contact01

【スマート農業実証プロジェクトについて】
2019年度から農林⽔産省が開始した「スマート農業実証プロジェクト」は、我が国の農業が抱える⾼齢化、⼈⼿不⾜といった課題を解決するため、ロボット、AI、IoTなど先端技術を活用した「スマート農業」を実証し、スマート農業の実装を推し進めていくプロジェクトです。スマート農業技術を実際に生産現場に導入し、技術実証を行うとともに、技術の導入による経営への効果を明らかにすることを目的としています。
(農林水産技術会議HP https://www.affrc.maff.go.jp/docs/smart_agri_pro/smart_agri_pro.htmより抜粋)

【AGRIST株式会社について】

宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開のサブ画像3

アグリストはテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。
高齢化が進み農産物の収穫の担い手が不足している課題を、自動収穫ロボットで解決します。
2017年から宮崎県新富町の農家らと勉強会を開催し、現場の農家らからロボットの必要性を聞いてきました。
2021年には宮崎県から全国に販路を拡大し、地方から世界の農業課題を解決するグローバルベンチャーへの成長に向けて事業を展開していきます。

【AGRIST株式会社 概要】
商号          : AGRIST株式会社
代表者         : 代表取締役兼最高経営責任者 齋藤 潤一
所在地         : 〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
設立          : 2019年10月
事業内容        : 農業ロボット開発事業・AI開発事業・ソフトウェア開発事業
ホームページ  : https://agrist.com
ロボットのご予約に関して: https://agrist.com/lp/
Facebook     :https://www.facebook.com/teamAGRIST/
Twitter         :https://twitter.com/agrist_inc
YouTube       :https://www.youtube.com/channel/UCNsTwf0BvBXA-L17potl5MA
ロゴやアグリストの写真はこちらからご自由にご使用ください:https://agrist.com/media

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments