水曜日, 6月 19, 2024
ホーム調査レポート圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”

圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”

花蓮は台湾で一度、珈琲豆最大量や高品質の生産地域でした。 台湾珈琲の産業によって、 非常に重要であるオーガニックコーヒーの生産地区です。

花蓮は有機栽培の主要な生産者としてヘクタールのコーヒー栽培地域を持っていますが、 有機農業の認証を通じて台湾で最も多くのコーヒー栽培農家がいる生産地域です。
「昭和に入ると日本企業の住田物産が珈琲農園経営を開始し、1931年より約150haの大量栽培を開始しています。 戦後、日本人の引き上げとともに珈琲栽培は衰退したものの、 2000年代より日本統治時代の伝統を引き継ぎながら約75haの珈琲栽培が復活しています。 」北海道大学農学博士の菅大志が言いました。
珈琲品質評価センサリージャッジの経験が豊富な谷村和紀から、「 花蓮は台湾でも最も生物多様性に優れている地区のひとつであり、 その豊かな森林、 様々な野鳥などの動物や昆虫が多く生息します。 そういった独自の素晴らしい特徴がこれらのコーヒーで楽しめました。 コーヒーの風味は環境を物語るものです。 」

 

今年10月に行われた2021花蓮スペシャリティコーヒーの品質評価という花蓮のカップオブエクセレンスは、 第5回が開催されていた。 合計50個のインゲンコーヒーがコンテストに送られ、 そのうち29個がオーガニックコーヒーグループ、 21個が一般コーヒーグループでした。 26人の農家がコンテストに参加しました。
 

圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”のサブ画像1_2021花蓮スペシャリティコーヒー品評会2021花蓮スペシャリティコーヒー品評会

花蓮は有機栽培の主要な生産者としてヘクタールのコーヒー栽培地域を持っていますが、 有機農業の認証を通じて台湾で最も多くのコーヒー栽培農家がいる生産地域です。 エコロジーは高品質のスペシャリティコーヒーを生産するための設備が整っています。 有機栽培方法はスペシャリティコーヒー生産のトレンドをリード将来、 花蓮は世界のスペシャリティコーヒー生産新星になる。

台湾東部の花蓮が東は太平洋に面し、 西は中央山脈に寄りかかり、 更に北回帰線が瑞穂を通過している、 地理的な恩恵を受けています。 太平洋の黒潮暖流が東部海岸を通り抜け、 同時に、 中央山脈がブロックする格好となり、 冬の気温は比較的高く、 夏は海洋季節風によって調節され比較的涼しくなっています。 太平洋の暖流や季節風の恩恵をまともに受けているわけなんです。 変化する地形、 昼と夜の大きな温度差、 そして豊富な降雨は、 コーヒーの栽培に非常に適した微気候の形成を助長します。

花蓮は台湾珈琲最初の生産地区ではないのですが、 台湾で一度、 珈琲豆最大量や高品質の生産地域でした。 台湾珈琲の産業によって、 非常に重要である生産地区です。

圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”のサブ画像2_昭和4年のロゴマーク一昭和4年のロゴマーク一

とても自然が豊かで、 最も生物多様性に優れている地区のひとつであり、 その豊かな森林、 様々な野鳥などの動物や昆虫が多く生息します。 コーヒーの風味は環境を物語るものです。 そういった独自の素晴らしい特徴がこれらのコーヒーで楽しめました。

花蓮は他の地域と比較的に、 大規模な開発は遅れて始まり、 祖先は作物を育てるために、 厳しい自然条件のなかで、 十分なスペースを確保することに苦しむことがよくありました、 夏の大雨と鉄砲水は常に植民地化の成果を脅かしていました。

 

 

圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”のサブ画像3_菅大志農学博士菅大志農学博士

それでも、 日本統治時代の花蓮の珈琲産業は繁栄を続け、 生豆を日本に輸出するために「住田武山株式会社」が設立されました。 「1913年から豊田村、 林田村、 吉野村などで珈琲栽培が始まり日本へ花蓮港から珈琲豆が出荷されました。 昭和に入ると日本企業の住田物産が珈琲農園経営を開始し、 1931年より約150haの大量栽培を開始しています。 戦後、 日本人の引き上げとともに珈琲栽培は衰退したものの、 2000年代より日本統治時代の伝統を引き継ぎながら約75haの珈琲栽培が復活しています。 そのため日本人好みのほろ苦く優しい酸味の珈琲となっています。 」台湾在住の北海道大学農学博士の菅大志が言いました。

 

圧倒的な注目を集める 台湾花蓮の珈琲・文化を未来へと守り伝える”花蓮スペシャリティコーヒー”のサブ画像4_谷村和紀氏谷村和紀氏

これまで、 花蓮珈琲は農家や郡政府の努力により完璧を目指して努力してきました。 世界一のコーヒー生産地になることが使命です。 CQI Licensed Q Arabica GraderやJ.C.Q.A. Certified Chief Instructor in Coffeeが持つ、 台湾スペシャリティコーヒーの品質評価センサリージャッジの経験が豊富な谷村和紀から、 「花蓮産の珈琲は2つのタイプと分かれてます。 まず、 台湾のトロピカルフルーツを思わせるような様々な果実の香りが溢れる、 太陽のエネルギーと人々の情熱が感じられるような熱帯の果実やベリー感、 複雑味があり甘くとても余韻の長い珈琲、 大地の力強さが伝わって来るかのようです。 もう一つは飲んだ瞬間にとても清々しい爽やかさに包まれ、 まるで豊かな森の中で森林浴をしているような落ち着いた気分になり、 オレンジなどの柑橘の酸、 カルダモンやジャスミンなどの清涼感はまるで森林浴をしているような落ち着いた気分になれる、 爽やかで甘くとても優しい感覚の珈琲です。 」
 

俗世を超越した桃源区であり、 豊かな恵みをもたらしてくれる「蜜とミルクが流れる地」の花蓮、 珈琲は日本との深いつながりがあり、 その歴史は100余年に及びます。 コーヒーは天皇へ献上されたものでもありました。 コロナ禍に揺れるこの2年間、 国家間の移動が大きく制限されています。 台湾と日本との友好の歴史をコーヒーを通して訪ねる旅に出かけて、 台湾随一の名勝タロコ峡谷へお越しの際には、 是非お土産に花蓮珈琲への支援を行う、 今後も未来として、 文化の保全や地域の発展を一層推進していきます。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments