土曜日, 7月 20, 2024
ホーム経営情報〈愛知・大府〉また食べたくなる黒毛和牛”下村牛”が「愛知県知事賞」を受賞!前人未到の10連覇!!

〈愛知・大府〉また食べたくなる黒毛和牛”下村牛”が「愛知県知事賞」を受賞!前人未到の10連覇!!

うまみ成分30倍の「下村牛」。日本の和牛文化を守るため三代80年にわたりおいしさを追求。愛知県で品質評価の最高位を獲得し続ける黒毛和牛「下村牛」は至福の味わい。

前人未到!牛枝肉共励会「愛知県知事賞」10連覇!!

有限会社下村畜産(本社:愛知県大府市、代表取締役社長:下村知士)が育てる黒毛和牛

「下村牛(しもむらぎゅう)」は、7/8(月)に名古屋市中央卸売市場 南部市場で開催された“令和6年度第1回肉牛枝肉共励会”において、各畜産農家が選び抜いて出品した約90頭の中から、品質評価の最高位である「愛知県知事賞」を受賞いたしました。今回の受賞で、令和元年第1回以来、10回連続の受賞となります。

 一頭一頭の個性に向き合い、独自配合飼料やマッサージなど、たっぷりの愛情を注いで育てた「下村牛」は、旨味成分であるグルタミン酸を通常和牛の30倍も含んでいます。また、「下村牛」の脂は、オレイン酸の含有量も非常に多く、脂の融点が低く、人肌で溶けるほどの脂でまろやかで口当たりが良いのが特徴です。自社の運営する焼肉店「三代目下村牛」にご来店の96%ものお客さまに「うまい!」と評価も頂いております。

下村畜産グループでは、現在約4,500頭の飼育をしておりますが、新たに牛舎の建設などし、2030年には、10,000頭の飼育を目指しております。

引き続き、当社の経営理念である「安心で美味しい牛肉をつくり続け、全ての人に笑顔と活力を提供します」のもと、日本国内はもとより、海外への輸出も拡大し、世界中のお客様に喜んで頂けるよう、株式会社下村畜産食肉などグループ一体となって、牛とともに精進してまいります。

うまみ成分30倍の黒毛和牛「下村牛」。品質と美しさでお客さまに笑顔と活力を!

【下村牛・下村牧場とは】

 愛知県大府市特産の黒毛和牛で、繁殖から肥育、そしてお客様にお届けするまで一貫生産しています。生産者として「大府の下村が作った最高に美味しい牛肉」とお客さまへの責任とお約束として生産者の顔が見えるよう、自身の名をブランド名に冠しています。

牛にとってストレスのない環境づくりとして、社交的な牛と内向的な牛で、パドックで飼育する牛の頭数の調整やストレス発散のため、皮下脂肪を滑らかにするブラッシングマッサージ。さらに、牛の血液検査を実施し、コレステロール値、ストレス値、エネルギー消費率を可視化、分析など、血統の見極め、牛の健康状態の繊細なる管理、そして門外不出の独自の配合飼料などによって最高品質の黒毛和牛を作り出しています。

3代で80年に渡り愛情とたくさんの手間隙かけ、一頭一頭育て上げた“下村牛” は味わえば誰もが納得し、また食べたくなる美味しさの安心・安全のブランド牛です。

現在、愛知県を中心に「下村牛」を育てる下村畜産(下村牧場運営)は、グループ10牧場計の飼養頭数は、約4,500頭。日本国内、イスラム圏を中心とした海外を含め、年間約2,000頭の出荷をしていますが、世界のお客様の更なるご要望に応えるため、2030年には、10,000頭の飼育を目指しています。

たくさんの愛情注いで育てています
ストレス低減した環境下での下村牛
下村牛が育つ牛舎風景
愛知県下の下村畜産グループ

下村畜産グループの牧場は、愛知県に8か所。

長野県、宮崎県に各1ヶ所の計10牧場あります。

【下村牛のおいしさの3つの秘密】

直営店でのアンケートで約96%のお客様に「うまい!」と評価頂いた「下村牛」には、下記のような3つの秘密・特徴があります。

(1)やわらか食感

柔らかいけど柔らかすぎない。質の悪い肉は水分量が多いため、旨味成分が抜けてしまいます。下村牛は水分量が少なく、熟成されているため、旨味が増し、肉質も柔らかいです。

(2)究極の脂の口どけ

下村牛の脂は、オレイン酸の含有量が高く、脂の融点が低いです。つまり人肌で溶ける脂で、まろやかでお口の中でとろけるような食感です。

(3)あふれる“うまみ”

うまみ成分であるグルタミン酸の含有量が通常和牛の30倍。肉中のアミノ酸量も多く、より旨味が凝縮され美味しくなっています。

やわらか食感
究極の脂の口どけ
あふれる“うまみ”
※参考:日本ハム株式会社 中央研究所 「下村牛」分析試験報告書(2016.5.10)

下村牛は、うまみ成分であるグルタミン酸の含有量が通常和牛の30倍も含んでいます。旨味が凝縮され美味しくなっています。

※2023年12月度直営店「三代目下村牛」来店者(※残り4%は普通と回答)

下村牧場直営焼肉店「三代目下村牛」にご来店頂いたお客様のアンケートでは、96%以上の方に

「うまい!」と評価して頂いています。

【下村牛がご購入頂けるサイト】

(1)公式サイト

 https://home.tsuku2.jp/storeProduct.php?scd=0000170498&utm_source=web&utm_medium=PR&utm_campaign=PR1205&utm_id=PR1205

(2)ふるさと納税でもお求め頂けます。

https://furu-po.com/goods_list.php?events=search&%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89=%E4%B8%8B%E6%9D%91%E7%89%9B&%E6%A4%9C%E7%B4%A2=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&utm_source=web&utm_medium=PR&utm_campaign=PR1205&utm_id=PR1205

※ふるさと納税可否につきましてはお客様自身にてご確認ください。

【下村牛が食せるお店】

 下村牧場直営焼肉店 三代目下村牛

 〒474-0053 大府市柊山町3-181-1

 営業時間 ※水曜定休

 【月・火・木・金】 ランチ 11:00ー14:30 ディナー 17:00ー22:00

 【土・日・祝】    11:00ー22:00

外観(大府市:三代目下村牛)
内観(テーブル・掘りごたつ席)
内観(お座敷完備、宴会承ります)
ランチメニュー
旨みあふれるお肉を焼肉で。
精肉販売コーナーもあります。

ご予約は公式サイトにて

https://rsv.ebica.jp/ebica2/webrsv/rsv_vacants/vacant/e020036301/19684/1130?utm_source=web&utm_medium=PR&utm_campaign=PR1205&utm_id=PR1205

【下村畜産・下村畜産食肉について】

【会社概要】

有限会社下村畜産 /株式会社 下村畜産食肉 

代表取締役社長 下村知士 

本社   〒474-0048 愛知県大府市吉田町6丁目36番地

事業内容

 有限会社 下村畜産   :畜産業、黒毛和牛の繁殖、肥育

 株式会社 下村畜産食肉:「下村牛」専門の精肉、販売。

ホルスタインと和牛の掛け合わせではなく、生粋の黒毛和種による本物の“和牛”。三代で80年に渡り追求した“下村牛”の美味しさは、誰もが納得するおいしさで、愛知県下の牧場を始め、他県下含め、グループ計の飼養頭数4,500頭、年間出荷頭数2,000頭となっています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments