金曜日, 7月 19, 2024
ホーム商品サービス沖縄県初の陸上養殖 「琉球あおのり」新発売6月24日(月)

沖縄県初の陸上養殖 「琉球あおのり」新発売6月24日(月)

伊江村水産業の持続可能性に貢献

パルシステム連合会は6月24日(月)から、「琉球あおのり」の注文受付を開始します。原料は沖縄県初の陸上養殖場で生産した「スジアオノリ」だけを使用しました。香り高く口どけの良い食感が特徴です。海水温上昇や担い手不足で全国的に供給不足のスジアオノリの陸上養殖により、持続可能な資源管理型漁業の実現をめざします。

香り高く色鮮やかなスジアオノリ限定

「琉球あおのり」の原料は、青のりとして販売される海藻の中でも特に香り高く、鮮やかな緑色が特徴の「スジアオノリ」だけを使用します。近年の海水温上昇などの影響を受け、全国的に生産量が減少し高級品として扱われている品種です。沖縄県伊江島の陸上養殖場で、地下透過海水を毎日くみ上げ太陽光の下育った原料は、口どけの良さも特徴です。

琉球あおのり
【通常価格】298円(税込322円)

【規  格】4g

【賞味期限】300日

【配送温度帯】常温

※商品取り扱いはパルシステムグループ10生協(1都11県)。生協に加入して利用いただけます。

陸の漁業で雇用創出

「スジアオノリ」の陸上養殖場は、伊江村、伊江漁協、高知大学、沖縄県水産海洋技術センターのほか、パルシステムと産直提携を締結する阿波市場が連携し、島の新たな振興事業として2024年5月に操業を開始しました。施設は、内閣府の「沖縄北部連携促進特別振興事業」の助成で建設され、県内初の商業規模のスジアオノリ陸上養殖場として稼働しています。漁協組合員が高齢化などで減少するなか、高齢者や女性など新規の雇用創出にもつなげています。

収穫されたスジアオノリは、全量を阿波市場が買い取り、選別、乾燥後に包装し「琉球あおのり」としてパルシステムはじめ全国の消費者へ販売します。

伊江漁業協同組合の八前隆一組合長は「しっかりと生産すれば消費してくれる人がいることは心強いことです。北部地域の水産業の発展に寄与できるよう取り組みます」と陸上養殖場を活用した村の水産業振興への意気込みを話します。

産学官連携で7年かけ商品化

スジアオノリの陸上養殖技術は、かつて河川流域での収穫が盛んだった徳島県と高知県で実用化が研究されました。徳島の吉野川汽水域ではかつて年間100tの収量がありましたが、気候変動やダム建設などの影響を受け17t程に減少しています。徳島の鳴門わかめを取り扱う阿波市場は、スジアオノリの食文化を次世代につなぐため、わかめの種苗作りで連携する高知大学と協力し養殖の研究に着手しました。

伊江島での陸上養殖は2017年から検討を開始し、島の気候風土に合う養殖法を研究してきました。7年を経て村と漁協を含む産学官連携で本格操業が実現しました。国内の年間需要100tと言われるスジアオノリの伊江島での収量は、年間10tを見込みます。パルシステムでは、ミールキットなどでの活用も含め、年間2.4t程度の販売をめざします。

▲約1,871㎡の敷地に設置された170基の養殖プラント
▲プラント内で育つスジアオノリの原藻
▲落成式にはパルシステムも駆けつけ地域振興を応援

地域づくりを応援するパルシステムの産直

パルシステムの商品づくりでは、利用者の食の安全の視点に加え、生産地の持続可能な地域づくりに配慮します。産業発展と雇用創出により作り手が将来にわたり住み続け、食生産を継続できることを利用者に伝え「食べる」で生産地域を応援します。

パルシステムはこれからも、利用者をはじめ、産地や取引先、行政など多様な組織や立場の人々と手を取り合い、地域に根付く産業を応援し持続可能な生産と消費をめざします。

パルシステム生活協同組合連合会

パルシステム生活協同組合連合会

所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,530.9億円/組合員総数171.4万人(2023年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城 栃木、パルシステム山梨 長野、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal-system.co.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments