土曜日, 4月 20, 2024
ホーム未分類安価版アイガモロボ、2024年度に全国で本格実証開始

安価版アイガモロボ、2024年度に全国で本格実証開始

安価版アイガモロボ、2024年度に全国で本格実証開始 | YAMAGATA DESIGN株式会社のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000027599.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/27599/57/27599-57-d2f6ee4121c7bc0ab69cd176d1c3c348-617×463.png?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=1200&height=630“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

https://prtimes.jp/data/corp/27599/tmp-7d04f29fbc506fadad3757104938e41f-2de35a79f8987e7aee3eb481e4bc7081.jpg” alt=”” class=”css-1ias2o0″/>

YAMAGATA DESIGN株式会社


会社概要

安価版アイガモロボ、2024年度に全国で本格実証開始

  • 実証・開発のポイント

 2023年から販売開始しましたアイガモロボ現行機(以下、現行機)は、農研機構らと行った実証実験により、十分な抑草効果と収量の平均10%増加、機械除草回数の58%減少(※2)が確認され、お客様からも好評を得ており全国各地の水田で稼働しております。一方、現行機の導入には、アイガモロボに合わせたほ場条件に整えることが必要なことから、条件が合わない圃場では導入に至らないことがありました。

 今回の安価型アイガモロボでは抑草機能・生育への影響はそのままに適応条件を拡大し、スマートフォンとの通信機能を省きながら操作の簡易化と機能向上及び低価格化を図ります。また、水のにごりやトロトロ層での抑草効果に加え、ブラシが水底を掻くことで発生初期の雑草を浮かせる効果も期待されています。

<開発ポイント>

・中山間地などでも導入しやすいサイズや価格

・稼働スピードを向上し、1台あたりの稼働可能面積を拡大

・基本作動でスマートフォンを不要とし、操作に不慣れな方への導入ハードル低下

・ほ場の必要水位や均平精度などの稼働条件を拡大

・ブラシ型パドルや小型化により強風適応性を拡大

・ブラシ型パドルによる推進力向上で稲の繁茂程度に関わらない安定稼働

(※2)出典:農研機構プレスリリースより

 https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/warc/160389.html

  • 今後の展開

 2024年度には、様々な条件下での課題抽出を目的に、全国で安価版アイガモロボの実証実験を計画しています。発売時期・販売価格については現時点では決まっていないものの、早期の市場投入を目指し、当社が製品化・量産化・製造、NS社が要素技術開発を担い、発売に向けた準備を推進してまいります。

  安価版アイガモロボの開発により、有機米の普及・拡大に向けた取り組みを一層加速させ、国が掲げる「2050年までに(耕地面積に占める)有機農業の取組面積の割合を25%(100万ha)に拡大する」目標達成にも貢献してまいります

【アイガモロボとは】
アイガモロボは、代掻き後の水田を太陽光発電で得られる電力によって自律航行して、水中を撹拌し泥を巻き上げることで光を遮るとともに、土の物理性に影響を及ぼし、水面下にある雑草の生長を抑制します。除草剤を使わずに雑草が生えにくい状態をつくることで、除草にかかる労力を大幅に削減できます。アイガモロボは、2012年より元日産自動車のエンジニア2人を中心に、有機米栽培における大きな課題の一つである除草手間を極小化することを目的とした自動抑草ロボの開発がスタート。その後、ヤマガタデザインに開発の母体が順次移行され、実用化に向けて更に加速するべく、2019年に有機米デザイン株式会社(設立時ヤマガタデザイン100%出資)を設立、東京農工大学との共同研究契約を締結し、開発を進めてきて、現行モデルは、2023年、井関農機株式会社より販売開始しております。

  • 各社代表コメント

■ 有機米デザイン株式会社 代表取締役 山中 大介

当社のMISSIONは、日本の農業を世界で急成長するグリーン市場に繋ぐこと。アイガモロボは水田の有機化に向けて重要なアイテムになると考えています。過去からの試行錯誤を重ねて、今回、本格実験を開始する新型アイガモロボ(安価版)に対して、私たちは非常に大きな手応えと自信を持っています。早期の商品化を実現するべく、井関農機様とナチュラルスタイル様と共に、引き続き開発を進めて参ります。

 

■ 株式会社ナチュラルスタイル 代表取締役 松田 優一

今回の安価版アイガモロボは無農薬稲作のハードルを下げる魅力的なロボットです。現代の人々が求めるこれからの時代の米作りにナチュラルスタイルは技術で貢献できるよう、有機米デザイン様、井関農機様と共に研究開発に努めてまいります。

 

■ 井関農機株式会社 取締役常務執行役員 縄田幸夫

当社は「食と農と大地のソリューションカンパニー」として持続可能な農業の実現を目指しています。有機農業をはじめとする環境保全型農業の確立には農業機械だけではなくスマート技術と栽培技術を組み合わせたソリューションを図っていくことが必要です。アイガモロボが環境条件の異なる各地の水田で使っていただけるよう実証・開発を進め水稲有機栽培の拡大に努めてまいります。

  • 各社会社概要

■有機米デザイン株式会社                                                                                              

本社所在地:東京都小金井市中町2丁目24番16号 農工大多摩小金井ベンチャーポート101

設立日  :2019年11月22日

代表者  :代表取締役 山中 大介

事業内容 :自動抑草ロボットの開発、有機米の生産支援および流通・販売

URL   :https://www.ymd1122.com/

 今後の成長が確約される世界のグリーン市場と日本の農業をつなぐため、必要となる凡ゆるサービスを創造し、農業者に提供、自らも農業者として実践する。「高単価販売」と「低コスト栽培」を戦略の軸と位置づけ、水田の自動抑草を行うアイガモロボの開発・製造、未利用資源を活用した農業用資材の開発・販売、有機米や環境負荷の低い農産物の生産・販売等を通じ、グリーンな市場で農業者の所得向上に貢献していく。

 

■ 株式会社ナチュラルスタイル

本社所在地:福井県福井市和田東1丁目222 SYビルC
設立日  :2006年12月26日
代表者  :代表取締役 松田 優一
事業内容 :コンピュータソフトウェアの企画・製作、販売、子どもプログラミング
事業 URL :https://na-s.jp/
 コンピュータソフトウェアの企画・製作、販売を行う。近年は「子どもプログラミング事業」を展開し、国内外の地域ICTクラブ協力・運営、カリキュラムや教材の開発・販売など幅広く手がける。模型ブランドタミヤと協力するタミヤロボットスクールの運営、教材版アイガモロボOkakiの開発、IchigoJam IoT拡張ボードMixSodaの開発など、コンピュータの息づくところにソフトウェアの息吹を吹き込んでいる。

 

■ 井関農機株式会社 ISEKI&CO.,LTD.

本社   :愛媛県松山市馬木町700番地

本社事務所:東京都荒川区西日暮里5丁目3番14号

創立   :1926 年 8 月

代表者  :代表取締役社長 冨安司郎

事業内容 :農業用機械の製造・販売、農業用施設、コイン精米事業

URL     :https://www.iseki.co.jp/

農業機械の開発、製造、販売を行う農業機械総合専業メーカー。1926年創立以来、農業の機械化・近代化に貢献。「夢ある農業=儲かる農業」の実現に向け「ハード(農業機械)」と「ソフト(営農技術)」の両面からお客さまの営農スタイルに合ったベストソリューションの提供を行うとともに、温室効果ガスの低減に向けた商品開発や環境保全型農業の拡大に向けたイノベーションに取り組んでいる。 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments