土曜日, 4月 20, 2024
ホーム未分類シー・エフ・デー販売株式会社、NETIS(新技術情報提供システム)に新技術「産業用水中ドローンFIFISH(ファイフィッシュ)を用いた水質調査」を登録

シー・エフ・デー販売株式会社、NETIS(新技術情報提供システム)に新技術「産業用水中ドローンFIFISH(ファイフィッシュ)を用いた水質調査」を登録

シー・エフ・デー販売株式会社、NETIS(新技術情報提供システム)に新技術「産業用水中ドローンFIFISH(ファイフィッシュ)を用いた水質調査」を登録 | シー・エフ・デー販売株式会社のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000730.000032645.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/32645/730/32645-730-66093082a098da0927cbbda3b0978982-550×413.png?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=480&height=360“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

シー・エフ・デー販売株式会社、NETIS(新技術情報提供システム)に新技術「産業用水中ドローンFIFISH(ファイフィッシュ)を用いた水質調査」を登録

シー・エフ・デー販売株式会社(社長:三谷弘次、本社:愛知県名古屋市)は、QYSEA社の総代理店として、水中ドローン QYSEA FIFISHシリーズを用いた水質調査技術を、令和5年12月1日に国土交通省関東地方整備局よりNETISへ登録を完了しましたのでお知らせいたします。

NETISとは、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)の略称で、公共工事等に関する優れた技術を持続的に創出していくため、新技術を積極的に活用する目的で国土交通省が運用しているデータベースシステムです。

NETISに登録された技術は、工事や業務の効率化を進めるために政府が利用を推進しているもので、NETISに登録された技術を使うことで、国や地方自治体が発注元となる公共工事に際し、加点評価がついて公共工事の入札をしやすくなります。

この度登録した水質調査技術は、従来船舶を使用し行っていた水質調査のための採水を、『水中ドローン FIFISHシリーズ』を用いて行うもので、人員や機材費などの水質調査費用を低減できるため、経済性の向上が期待できるものとなっています。

シー・エフ・デー販売は、水中ドローンを使った安全で低コストな運用技術を引き続きご提案して参ります。

  • NETISとは

新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)の略称で、公共工事等に関する優れた技術を持続的に創出していくため、新技術を積極的に活用する目的で国土交通省が運用しているデータベースシステムです。

NETISに登録された技術は、工事や業務の効率化を進めるために政府が利用を推進しているもので、NETISに登録された技術を使うことで、国や地方自治体が発注元となる公共工事に際し、加点評価がついて公共工事の入札をしやすくなります。

  • 登録された水質調査技術の概要

水中音響測位システムにより位置情報の特定が可能で、かつ任意の位置・深度での採水ができる水中ドローンを使用するものです。
従来は船舶を使用し採水を行っていましたが、本技術の活用により、水質調査費用を低減できるため、経済性が向上します。

①何について何をする技術なのか?
・水中音響測位システムにより位置情報の特定が可能で任意の位置・深度の採水ができる水中ドローン

②従来は、どのような技術で対応していたのか?
・大型船舶を使用し採水を行っていた

③公共工事のどこに適用できるのか?
・環境調査における採水、水質調査
・建設現場建設前と建設後の水中調査や、水質調査
・海洋工事等における水中構造物の調査点検
・浄水場内および管内水質調査
・護岸工事の河岸状況や水際部の再生状況調査

④その他
・オプションパーツを追加することによってさまざまな水質調査が可能になる

  • 新規性及び期待される効果

・採水方法を大型船舶を使用した採水方法から、水中ドローンを用いた採水方法に変えた。

・水中ドローンを用いた採水方法に変えたことにより、大型船舶が不要かつ少人数(2人)で作業できるため、水質調査費用を低減できる。

・水中ドローンを用いた採水方法に変えたことにより、水中音響測位システムにより、リアルタイムに位置・深度が把握できるため、採水位置および深度の誤差が小さく、指定した箇所での採水が可能であり、品質が向上する。

・水中ドローンを用いた採水方法に変えたことにより、水中ドローンの操作は簡単で、特別な資格を必要としないため、施工性が向上する。

・オプションパーツ追加することで多種類の水質調査が可能になる。

  • 機体情報

■ 産業用小型水中ドローン QYSEA 「FIFISH V6 PLUS」

FIFISH V6 PLUS(ファイフィッシュ ブイ6 プラス)は高光量6000ルーメンのLEDライト、対象物との距離をロックするソナー、ターゲットのサイズを自動測定可能なレーザースケーラーを搭載し、水中での作業性能を飛躍的に高めた産業用水中ドローンです。
産業用途に耐えられるように、アルミ素材のスラスターと大容量バッテリーに、600時間耐久テストをクリアした耐久性高いモーター制御システムも搭載し、より確実に、安心に現場作業を遂行することが可能です。

FIFISH V6 PLUS 製品ページ

https://www.cfd.co.jp/biz/product/detail/fifish-v6e-m100-epp-.html

■ 産業用中型水中ドローン QYSEA 「FIFISH W6」

FIFISH W6(ファイフィッシュ・ダブル6)は波のある状況下で使用することを前提とした、モーターパワーを強化したモデルです。カメラ画質は4K UHD(30fps)、照明はLED2基10000ルーメンを搭載。FIFISHシリーズ初の交換式バッテリーを採用し、駆動時間は最長6時間。さらに、外部給電システム(別売)を使用することで、バッテリーの運用時間を気にかける事なく連続稼働ができます。

豊富なオプション選択が可能となったプロフェッショナルモデルのFIFISH W6は、濁りや浮遊物で視界が悪くても調査対象を把握できる「マルチナロービームソナー」、機体の自己位置を把握できる音響測位装置「U-QPS」、強い濁りの映像補正が可能な「画像鮮明化チップ」も搭載し、海洋の過酷な環境でも活躍できる産業用水中ドローンです。

FIFISH W6 製品ページ

https://www.cfd.co.jp/biz/product/detail/fifish-w6-300m–laser-scaler-.html

  • 水中ドローンは、CFD販売におまかせください!

水中作業の安全性・利便性の向上、コスト削減などの業務改善に、CFD販売の水中ドローンや熟練のスタッフをご活用いただけます。

水中ドローンのスムーズな御導入に向け、機体レンタルサービス、導入講習、オペレーター派遣など様々なサービスがございます。

■水中ドローン紹介特設ページ(導入事例)

https://www.cfd.co.jp/biz/other/rov-lp.html

■法人向け水中ドローンお問い合わせ総合窓口

https://www.cfd.co.jp/biz/contact/rov-general-inquiry.html

■水中ドローンレンタルサービス

https://www.cfd.co.jp/biz/contact/rov-rental.html

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments