月曜日, 5月 20, 2024
ホーム調査レポート自動農業機械市場、2026年に289億米ドル規模到達見込み

自動農業機械市場、2026年に289億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動農業機械の世界市場 (2020-2026年):用途・機器タイプ・自動区分・国別」(BIS Research Inc.)の販売を11月11日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis1027860-global-autonomous-agriculture-equipment-market.html

自動農業機械市場、2026年に289億米ドル規模到達見込みのサブ画像1

自動農業機械市場
精密農業は、最小限の資源を使用しながら確率を最大化することに主眼を置いています。GPSデバイスとコンピュータのサポートにより、農家は自動機械をより効率的に使用することができます。ここ数年、農業分野をスマートにするために、エンジニアは世界中で自動型機械の開発に取り組んでいます。

自動農業機械のアイデアは、1940年にフランク・W・アンドリューがドライバーレス・トラクターを発明したことに端を発します。1950年代には、フォード社が "The Sniffer "と呼ばれるドライバーレス・トラクターを開発しましたが、ドライバーレス・トラクターは生産されませんでした。1950年代以降、自動農業機械の市場に大きな進展はありませんでしたが、1994年にシルソー研究所のエンジニアが画像解析システムを開発し、野菜や根菜類用に設計された小型の無人トラクターのガイドに使用されました。このトラクターはヘッドランドターンに対応するように設計されていました。

市場概要
自動農業機械の市場は、2021年~2026年の予測期間中にCAGR10%で推移し、2026年には289億米ドルに達すると予想されています。市場の高成長は、技術の著しい発展と、農業分野における人工知能の導入によってもたらされると予想されます。これとは別に、商業農場での自動機械の採用、従来の農業と比較した高い生産性と収益性などの要因も市場を牽引しています。このように、農業分野における自動機械の需要が高まっていることも、自動農業機械市場の高い成長につながっています。

市場区分:アプリケーション別
自動農業機械市場をアプリケーション別に見ると、収穫がリードしています。収穫作業は、主に熟した作物を畑から集めるために行われます。収穫作業には、積み上げ、ハンドリング、脱穀、刈り取り、洗浄、運搬などの作業が含まれます。これらの作業はハーベスターだけで行うこともできますが、複合ハーベスターを使って同時に行うこともできます。ジャガイモ、小麦、トウモロコシなどの畑作物は、トラクターやプランターなどの完全自動機械で簡単に収穫することができます。 そのため、自動農業機械の需要は、他の用途の中でも収穫用が最も高くなっています。

COVID-19市場への影響
COVID-19は、自動農業機械を含む世界の大半の産業のサプライチェーンに影響を与えました。COVID-19の蔓延を防ぐために政府が行ったロックダウンやその他の制限により、機械メーカーが必要な機械を提供できなかったため、世界の自動農業機械市場に大きな影響が出ました。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/bis1027860-global-autonomous-agriculture-equipment-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments