土曜日, 7月 20, 2024
ホーム経営情報株式会社Tokyo Bento Labo“技術で生産者の新しいキッカケを作る”『NPO法人 農産物加工協会』に参加

株式会社Tokyo Bento Labo“技術で生産者の新しいキッカケを作る”『NPO法人 農産物加工協会』に参加

~6次化商品の企画・開発から、小ロット製造・販路開拓まで一気通貫で対応~

”おいしいごはんの探求と地域貢献”を掲げ、地域食材を活かした弁当惣菜や加工品、冷凍品の企画・製造・販売を行う株式会社Tokyo Bento Labo(東京都江戸川区、代表取締役 関克紀)は、 “加工技術とアイデアで生産者の6次化をサポートする”『NPO法人 農産物加工協会』( https://nousan-kakou.com/)に、食品メーカー会員企業として参加。冷凍品やレトルト加工品の企画・開発から小ロット製造、販路開拓までを一気通貫で担う、地域活性事業を強化いたします。

株式会社Tokyo Bento Labo“技術で生産者の新しいキッカケを作る”『NPO法人 農産物加工協会』に参加のサブ画像1

 

■「農産物加工協会」とは
時代は一次産品を流通する時代から加工して流通する時代へ突入しています。家で調理する事が年々減少しミールキットなど簡単・便利な加工品へ進化しています。これからの農業や農産物は加工する事で持続できます。しかし、産地側で新たに加工施設や機械を導入には費用が掛かります。また衛生管理や表示なども手間が掛かります。「NPO法人農産物加工協会」は、それら全ての課題を解決するために設立。農産物を加工し流通させる事により生産者の所得向上が出来るように支援・指導を行います。

農産物加工協会概要
名称:NPO法人農産物加工協会
設立:2021年7月16日
代表理事:川西修
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス29階
HP:https://nousan-kakou.com/

※参加企業(2021年10月29日現在、全16社、順不同)
アイウィルフーズ、和田萬、新食工業、オーミケンシ、百年生物化学研究所、SORTE、パンドラファームグループ、丸光、八戸缶詰、SOLJAPAN、石丸製麺、川京フーズ、ジェイ・ファーム、ココアグリ、ミールファーム、米匠庵、幸南食糧、Tokyo Bento Labo

■『株式会社Tokyo Bento Labo』概要

株式会社Tokyo Bento Labo“技術で生産者の新しいキッカケを作る”『NPO法人 農産物加工協会』に参加のサブ画像2

”おいしいごはんの探求と地域貢献”を掲げ、地域食材を活かした弁当惣菜、冷凍やレトルト加工品の企画・製造・販売を行っています。また、これまで多くの企業や自治体と連携し、商品企画、開発、製造、情報発信、イベント開催、PR業務に至るまで幅広くサポート。多角的なアプローチで地域社会の発展に貢献します。
https://www.tokyobentolabo.com/

■本件お問い合わせ先
株式会社Tokyo Bento Labo(担当:関)
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-11-1
TEL:03-5636-1451
tokyobentolabo@gmail.com
https://www.tokyobentolabo.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments