月曜日, 6月 24, 2024
ホームイベント埼玉・羽生の農産物販売施設、当社運営のもと再スタート!

埼玉・羽生の農産物販売施設、当社運営のもと再スタート!

~直売所や飲食店を大幅リニューアル、4月1日10時から羽生市長出席のイベント開催~

第3セクターから民間への運営切り替えを打ち出していた「羽生市三田ヶ谷農林公園 キヤッセ羽生」は、農業ビジネスを展開するアグリメディア(東京都目黒区、代表取締役:諸藤貴志)の運営のもと、4月1日から再スタートをきります。直売所の品揃えを拡充するほか、飲食店の運営体制を見直して地域の産品を使ったメニューを増やします。公園横にある農体験エリアもテコ入れし、季節感ある農産物の収穫を楽しめるようにします。キヤッセ羽生一帯は、当社がプロデュースした国内屈指の農業団地チャレンジファームに加え、羽生水郷公園やさいたま水族館などが集積するエリアです。民間ならではのノウハウを生かして賑わいを生み出し、地域の農業にプラスの効果をもたらす環境を整えます。

当社が運営を開始するのにあわせ、4月1日にオープニングイベントを開催します。羽生市の河田晃明市長や当社社長の諸藤貴志が出席し、テープカットを行います。

【イベントの詳細】
日時】 2023年4月1日(土)10時~
場所】 埼玉県羽生市三田ヶ谷1725 羽生市三田ヶ谷農林公園「キヤッセ羽生」
式次第】 1.開式 2.式辞(アグリメディア代表取締役 諸藤貴志) 3.祝辞(羽生市長 河田晃明様) 4.テープカット ※1~4は10時半頃終了。その後、和太鼓やダンスのステージを予定。

【アグリメディアがキヤッセ羽生で新たに導入する施策】

物産館
「ムジナモ市場」
・生産者に売れる生鮮野菜の作付けを助言する「生産者ファシリテーター」の配置
・農業団地「チャレンジファーム」で生産された農産物を専用で扱う棚の大幅拡充
・地場産を中心とした肉売り場の新設
レストラン
「農cafe ムジナモ」
・埼玉県産自然豚肉を使った丼もの、地場農産物を使ったホットサンドの提供
・チャレンジファームの進出企業がつくるハーブを使ったドリンクの提供
農体験 ジャガイモ掘り、ミニトマト、ブルーベリーなどの摘み取り体験プログラムの導入
キッチンカー ・園内の目立つエリアに積極誘致

 

埼玉・羽生の農産物販売施設、当社運営のもと再スタート!のサブ画像1

【キヤッセ羽生とは】
地域経済の活性化と都市型農業の創造をめざし、2001年に農林公園として開業。直売所、飲食店、食品加工場、花を観覧できる園地などで構成。総面積は約3.6ha。羽生市は第3セクターが運営する体制を見直し、指定管理者制度による民間運営への移行を発表。このたび3社によるプロポーザルを経てアグリメディアが指定管理者に選ばれた。

【アグリメディアとは】
2011年設立の農業系事業会社。サポート付き貸農園「シェア畑」を全国134ヶ所(2023年2月末時点)で展開するほか、全国5500超の農業法人と取引する農業求人サービス「あぐりナビ」を運営。2018年には神奈川県清川村の道の駅の指定管理者に就任、道の駅事業に参入した。2019年からはキヤッセ羽生に近接するチャレンジファームのコンサルタントも務める。さまざまな農的コンテンツを集積させて地域活性化をめざす「農業型街づくり」を成長戦略の柱と位置づけており、具体化が進む羽生エリアを重要な戦略拠点とみて、経営リソースを投下する方針を打ち出している。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments