月曜日, 5月 20, 2024
ホーム商品サービス信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。

木こりがつなぐ森と街。馬と人がつくる里山デザイン。自然と調和する働き方。

株式会社柳沢林業(本社:長野県松本市、代表取締役:原 薫)は、このたび「2021年度グッドデザイン賞」(公益財団法人日本デザイン振興会運営)を受賞しました。受賞内容は、「未来を育む持続可能な地域デザイン〔信州・松本平の豊かな風景をつくる〕」として、会社の取り組みそのものが表彰されました。

 

 

 

 

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像1

【受賞記念ページ(当社HP内)】⇒http://yanagisawa-ringyo.jp/gd2021

 柳沢林業は、山・森林・木を知るプロ集団として、祖業である林業をはじめ、木材加工・販売、薪材の生産販売、キャンプ場運営、農業、農産物加工、地域コミュニティイベント、里山再生などの事業を、様々なコラボレーションを交えて展開しています。人と自然が真の意味で共生できる持続可能な地域社会の実現に向け、今後も事業展開を進めていきます。

<概要>
受賞名    :2021年度グッドデザイン賞
受賞対象名  :未来を育む持続可能な地域デザイン[信州・松本平の豊かな風景をつくる]
応募カテゴリ :17-01 地域の取り組み・活動
受賞企業   :株式会社柳沢林業
受賞ページ  :https://www.g-mark.org/award/describe/52909?token=m9pbelRsio
 

【選評・評価コメント】

  •  林業は後継者不足、材の流通、事業性の減少(補助金依存)といった多くの課題を抱えている。そういった課題に向き合い、本来その山のもつ風土や地形・気象条件や生態系にあわせた樹種の伐採計画、育成方法を選びながら山を良い状態に保つために、農業やアウトドア事業・6次化等によって収益率を上げることで事業性を維持しながら山を守り、林業という仕事を魅力的に発信、継続している。また、業種・業態を超えた様々な企業とコラボレートすることで木材の可能性を引き上げ、山の恵みを生かして柳沢林業を軸に山の恵みを生かした地域循環を生み出している点も評価したい。

 

 

【受賞内容】

▷ サステナブル×林業×ライフスタイル 松本平の風景をつくる

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像2

 

1.信州松本平の豊かな風景をつくる ― それが私たちのミッション。

 日本の温暖湿潤な気候は、森林にとって非常に恵まれた環境である一方、手入れを怠ると里や街を飲み込み、自然災害に発展することもあります。私たちが自然と共存するためには、適度な森林の手入れが不可欠です。地域の木材を利用し、環境負荷を抑え、経済循環を生み出す。これらを通じて「信州松本平の豊かな風景をつくる」ことが、私たちの使命だと考えています。

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像3_(photo by 吉田亮人)(photo by 吉田亮人)

 

林業者として今私たちができること―――――
それは、木材にとどまらず広く自然の豊かさを発信していくことです。
例えば、コロナ禍で一層希求される外遊び=アウトドアの楽しみ。
太陽光を浴び、自然と触れ合い、焚火や薪を楽しむことは観光、教育、心身の健やかさにも繋がります。 

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像4

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像5

 遊休農地を活用し、昔ながらの農林業が混然一体となっていた生業(なりわい)を取り戻すことも、ライフスタイルを見直す良い機会となります。これらは、私たちの特色である林業・街・里山とのつながりが活かされる分野です。私たちは既存の林業の枠組みにとらわれない地域企業としての活動を続けています。

2.里山づくりーコミュニティ・人の繋がる輪

 里山はかつて、「入会地」と呼ばれ、地域の人々がある程度自由に出入りできる共有林でした。時代と共に廃れてしまったこうした文化を蘇らせ、里山の荒廃林・放置林化を食い止めたい。将来に向けて森林を、里山と街の人々との繋がり・コミュニティで支えていくべく活動しています。

 

 

  • 木こりがつなぐ森と街

 

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像6_【燻製工房 燻丸 × 柳沢林業】【燻製工房 燻丸 × 柳沢林業】

 山を知り、森を知り、木を知る“木こり”ならではの知識と感性でデザイン提案を行い、地域の街並みや空間演出でナチュラルなライフスタイルづくりに貢献しています。林業者が自ら木材の出口づくりを進めることによって、地域にふさわしい山づくりが可能となり、ひいては、松本平らしい空間や街並み、ライフスタイルとをつくると考えています。

▷【燻製工房 燻丸 × 柳沢林業】(上記写真)

 松本市に2021年7月にオープンした燻製店。猟師でもあるオーナーの「街で木に触れ合えるお店に」というコンセプトで、当社が内装デザイン〜施工を任せていただきました。

【燻製工房 KUNMARU :https://www.big-advance.site/s/129/1641

 

 

  • 信州松本平の里山で遊ぶ ソマイチ

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像7

 私たちの会社の裏山で、毎月1回開催する地域イベント。杣(林業者)の市(市場)で『ソマイチ』。ここでは、木工ワークショップや、薪割・焚き火、木登り、乗馬体験、木材や加工商品、そして農産物の販売などを行っています。訪れる人々との交流は、地域でのコミュニケーションの機会となり、思わぬ発想や、皆さんの求めているものに気づくことがあります。林業や森林・木材への敷居を下げ、木の魅力・林業という仕事への良き理解者の輪を広げることにも繋がっています。

 

  • 馬搬・馬耕を通じた農林業文化の再生

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像8

 私たちは、2016年から北海道ばんえい競馬の引退馬「ヤマト」を会社に招きました。山で伐採した木材を馬で運搬する「馬搬」、田畑を馬で耕してもらう伝統農法「馬耕」。それぞれ、かつての農林業を支えた技術で、この可能性に眼をつけたところがスタートでした。ただ、実際に馬と共に過ごしてみると、技術以上に、「道具ではない『生き物』がそこに存在する」ことの意味を強く感じます。ヤマトをきっかけに裏山で遊ぶ感覚で地域の人々がこの場所を訪れ、交流が生まれ、山を風通しのいい場所にする。この循環が、農業と林業、自然と人、人と人それぞれを繋げ、地域づくりへと広がっていくのだと思います。

3.新しい林業ワークスタイルー自然な働き方・四季とともに

 私たち含め多くの林業者は、公共的な「補助金」を受け、森林整備にあたっています。この為、行政年度や仕組みに左右されやすく、気候風土にマッチしない作業を行わざるを得ない側面があります。
 例えば、現代の林業は、季節を問わず伐採を行うのが一般的ですが、夏季の木材は水分を多く含みカビやすく、本来、伐採は冬・農閑期の仕事でした。また、近年では、豪雨や酷暑の影響で、夏の作業は容易ではないという側面も見られます。

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像9_台風・豪雨などにより実際に崩壊した林道台風・豪雨などにより実際に崩壊した林道

 私たちは、冬には本業の伐採を行い、夏には農業やキャンプ場運営を行うなど、日本の気候風土や、自然の摂理に合った仕事の創出を目指しています。また、社員の特技や興味を林業と掛けあわせることで、事業の幅を広げ、社員の仕事の満足度を高める努力を重ねています。

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像10_伐採作業の様子伐採作業の様子

 木を伐るとは活かすということ。木材としてだけではない森林の持つ多様な役割を、持続可能な方法で活かしていくため、様々な取り組みを続けています。
 

  • 松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像11_松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場

 私たちのキャンプ場のコンセプトは「山で過ごす、火を焚く。山での時間はこの街の日常。暮らす人も、訪れる人も、もっとこの街が好きになる」。自然を非日常として切り離すのではなくもっと気軽に感じてほしい、という林業者としての感覚から今シーズンよりキャンプ場経営に参入しました。

 1964年の創業以来培ってきた地元企業ならではの森、木、薪、焚き火の魅力、そして信州松本のローカルな繋がりを大事にする、そんな新しい価値観をもった魅力的なキャンプ場にしていきたいと思っています。

【松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場HP:https://misuzuko.net/

 

▷ 各種情報

 

信州松本の柳沢林業が「グッドデザイン賞」を受賞!「持続可能な地域デザイン」として私たちの企業活動が表彰されました。のサブ画像12_柳沢林業のスタッフたち柳沢林業のスタッフたち

【会社概要】
会社名:株式会社柳沢林業
企業理念:『山と人とが生かし生かされる 豊かな暮らしを創造する』

創業設立:創業1964年、設立2012年
所在地:〒390-0313 松本市岡田下岡田774-1
電話番号:0263-87-5361(電話対応:平日9時〜17時)
事業概要:森林整備、伐採・剪定の請負、特殊伐採、木材・加工品、薪の製造販売、里山教育普及活動、農業、キャンプ場の運営等
HP : http://yanagisawa-ringyo.jp
Instagram: https://www.instagram.com/forester1964yanarin/
Facebook: https://www.facebook.com/yanagisawaringyo/

俺たちの薪: https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08JGQDQ74?communicationDeliveryId=e418e7f1-2835-4917-9315-f6a675f07fd1

 

【松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場】

所在地:〒390-0302 長野県松本市三才山1871
開業期間:2021年4月28日〜2021年11月30日
予約方法:web予約  https://misuzuko.net/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments