水曜日, 6月 19, 2024
ホーム商品サービス【第2回 本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始

【第2回 本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始

~AI×ビッグデータ×人工衛星で海をリアルタイム解析!~

自動観測ロボットを活用し、リアルタイムに海洋観測を行うシステムを開発するベンチャー企業 株式会社ブルーオーシャン研究所 (埼玉県 代表取締役:伊藤 喜代志)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年10月6日(水)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

報道関係各位
 

【第2回  本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始のサブ画像1

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/280

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
“海や河川の見える化”で日本を異常気象による水害から守りたい

株式会社ブルーオーシャン研究所は、低コストで多拠点に設置できる小型の海象観測ロボット「みちびき海象ブイ」を開発しました。「みちびき海象ブイ」は高性能なGPS受信機を搭載した小型ブイに換えることで大幅にコストダウンすることができ、従来よりも観測点を増やすことで、より広い範囲で海象データを取得できるようになります。昨年、沖縄での試験導入を終え、コロナ禍においてさらなる開発を行い「みちびき海象ブイⅡ」が完成し、今年の9月から本格稼働いたしました。この新型機は今後、漁場探索や海洋鉱物探査、マリンスポーツ、入港管理や災害対策など、様々な面で役立てると考えています。
この度、「みちびき海象ブイⅡ」の、海だけではなく河川やダムの水位などのリアルタイムでの観測により、洪水などの水害の予測へ活用することなどを目指し、2021年9月28日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年10月6日~2021年10月8日、上限とする募集額は 50,050,000円(1口 11万、1人 4口まで)です。
 

【第2回  本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始のサブ画像2

 

【第2回  本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始のサブ画像3

ブルーオーシャン研究所の強みは、衛星データ×海洋IoTを駆使した、45年以上の研究による高度な計測技術を有することであり、海洋IoTの先駆けとも言える観測ブイの開発に成功しており、この知財を保守するために、センシング技術に関する特許も一件取得し、さらに2件の特許を出願中しております。このブイを日本の海域に多数設置できれば、列島の周りを網目状に網羅する海の観測コンステレーションができると考えています。また、「みちびき海象ブイ」はロボット自体を販売又はレンタルで提供する「ハード」ビジネスと、収集したデータを提供する「ソフト」販売の両軸でのビジネスモデルの展開が可能なことも強みです。
今後は、携帯電話のネットワークを活用した「みちびき海象ブイⅢ」を開発し、河川の監視に活用してまいります。また、海底地図作成の一助になる次世代の海洋観測ロボット「エディグライダー」の開発計画も進めています。弊社は安心安全な海洋ビジネスと、異常気象による被害の減災を実現するために、持続可能な開発目標(SDGs)を支援するシステムを提供するベンチャーとして、今後も多くの課題に取り組むことで成長をしてまいります。
 

【第2回  本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始のサブ画像4

 

【第2回  本格稼働開始】45年の研究で生まれた最先端の海洋観測システム「みちびき海象ブイ」開発の「ブルーオーシャン研究所」株式投資型クラウドファンディングを開始のサブ画像5

■会社概要
・会社名:株式会社ブルーオーシャン研究所
・所在地:埼玉県川越市東田町4番地1
・代 表:伊藤 喜代志
・設 立:2017年5月
・事業内容: 独自に開発した超音波伝送機能を有する海洋計測センサーと、計測したデータを自動転送するモバイルシステムの開発および、海洋データを利用するプロジェクトの立案から事業展開に至るコンサルティング業務

URL : https://boi.co.jp/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments