土曜日, 5月 18, 2024
ホームキャンペーン滋賀県草津市の「草津川跡地公園」では、クラウドファンディングを利用して、9月27日より新しいバラ園造りの取組みを開始します!

滋賀県草津市の「草津川跡地公園」では、クラウドファンディングを利用して、9月27日より新しいバラ園造りの取組みを開始します!

「草津川跡地公園」の指定管理者「草津川跡地公園マネジメント・パートナーズ(京阪園芸、E-DESIGN)」は、クラウドファンディングによって新しいバラ園造りを目指します。

「草津川跡地来園」の指定管理を行っている「草津川跡地公園マネジメント・パートナーズ(代表企業:京阪園芸、構成員E-DESIGN)」は、市民のチカラによってバラ園を造るためのクラウドファンディングを9月27日(月)正午より開始いたします。
▼詳細内容及びご支援方法は下記よりご覧いただけます。 
 https://readyfor.jp/projects/kusatsugawa62garden                      
●第一目標金額:500万円 ●支援募集期間:9月27日(月)12時〜11月30日(火)23時  
バラ園のある魅力的な公園を作りたい。市民のチカラで維持管理まで行いたい。 
その推進のための「くさつロザリアン倶楽部」も4月よりスタートしています。   

滋賀県草津市の「草津川跡地公園」の指定管理者「草津川跡地公園マネジメント・パートナーズ(代表企業:京阪園芸、構成員E-DESIGN)」は、9月27日(月)よりクラウドファンディングによって新しいバラ園造りを目指します。
 

滋賀県草津市の「草津川跡地公園」では、クラウドファンディングを利用して、9月27日より新しいバラ園造りの取組みを開始します!のサブ画像1

私たちは、これまでまちとまちで暮らす人たちにとって必要な、まちと人、人と人をつなぐ市民参加型の公園を目指し、これまで多くの企画に取り組んできました。

そして、この度、草津川跡地公園に、多くの人が集い、交流できる新たな場として、ローズガーデンを新たに造るプロジェクトを立ち上げました。市民参加型のローズガーデン造りを実現すべく、広く一般の方にご支援を募る仕組み「クラウドファンディング」を活用し、バラ園新設に向けた資金の一部として資金500万円を第一目標に、9月27日(月)12時よりプロジェクトを実施します。

【クラウドファンディングプロジェクト概要】

・タイトル「市民が主役のまちづくり|草津川跡地公園に市民参加型のバラ園設営へ」
・URL:https://readyfor.jp/projects/kusatsugawa62garden
・募集期間:2021年9月27日(月)12時~11月30日(火)23時まで 64日間
・第一目標:500万円
・資金使途:土壌改良工、ゲート・アーチ・フェンス工、バラ苗、植栽工、デッキ工、レンガ舗装工、テーブル・ベンチ設置工、既存植物移植工、ほか
・形式:All in
 目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります。原則、支援のキャンセルはできません。

【リターン内容】:3千円~50万円までの7コース

A|ローズガーデンづくりを一緒に全力応援!3,000円コース
B|バラの花束をお届け10,000円コース
C|草津市の特産品をお届け10,000円コース
D|バラ色の生活へ!バラ特選苗+スターターキット30,000円コース
F|バラのスペシャリストに!京阪園芸ギフト券+造園施工コンサルタント10万円コース
G|琵琶湖を観光して応援!琵琶湖汽船クルーズ(ペア)+造園施工コンサルタント10万円コース
H|宿泊して応援!1泊2日琵琶湖ホテル宿泊券(ペア)+造園施工コンサルタント30万円コース
I|【団体/法人様向け】パートナーとして応援!PR 50万円コース

【草津川跡地公園マネジメント・パートナーズとは】

私たちは、総合造園・園芸会社として60年を超える経験と実績を有する代表企業「京阪園芸株式会社」と、ランドスケープデザインまちづくり・アート事業・指定管理など多角的な事業を展開する「株式会社E-DESIGN」の共同事業体です。それに加えて、さまざまな地域で市民の当事者意識の醸成や市民参加の仕組みづくりに「コミュニティデザイン」の手法で関わり、地域の課題解決を支援している「株式会社studio-L」の協力のもと運営されています。
草津川跡地公園のある滋賀県草津市は、東海道と中山道が交わる東西交通の要衝です。草津市内を東西に貫く旧草津川は、まちよりも高い位置で水が流れる、全国的にも有名な天井川でした。
2002年に旧草津川が廃川となり、全長7kmに及ぶ広大な草津川跡地が生まれました。草津市は、この草津川跡地を街づくりの資源として活用しようと、草津川跡地を公園として整備を進め、2017年4月に全6区間のうち、2つの区間が「ai彩ひろば(あいさいひろば)」、「de愛ひろば(であいひろば)」とそれぞれ名付けられ、「草津川跡地公園」として開園しました。ただ美しい公園をつくるだけでなく、まちとまちで暮らす市民にとって必要な公園とは何かを考え、その上で市民の方・市外の方にも喜んでご参加いただけるようなイベントやプログラムを企画・実施することで、世界のモデルとなるような公園を目指して運営しています。 

●草津川跡地公園 受賞歴
第33回都市公園等コンクール  国土交通大臣賞
土木学会デザイン賞 優秀賞

【本件の問い合わせ先】

*団体名:草津川跡地公園マネジメント・パートナーズ
*担当者名:池田所長、巌野(いわの)
*電話番号:077-562-5010
*E-mail:t-ikeda@keihan-engei.com / y-iwano@keihan-engei.com
 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments